iCatch_android

Android専用物理ボタン「iKey」を買って失敗した話(完結編)

こんにちは、@yellow_bucketsです。
今回は、以前書いた記事で紹介しました、「iKey」に決着がつきましたので、完結編として紹介します。

 

 【関連】Android専用物理ボタン「iKey」を買って失敗した話(現在進行形編)

 

返品時期が過ぎていると言われました。

▼Amazonで購入履歴から確認したところ、僕が問い合わせをした「iKey」が勝手に返品時期を過ぎていますとか言われちゃったんですね。
mini1409402263

まぁ僕も色々あって返品できなかったのが悪かったんですが。
とりあえず、いつまでに返品してくださいとか言われていませんでしたし。

結局その次の日くらいに返品したんですかね。確か。

▼そうしたところ、すぐにお返事がきました。
mini1409402673

不良品だったみたいですね。。。
すぐに、郵送しますとの事でしたが、僕の家に来るのに1週間くらいかかりました。

 

交換してもらった品が届きました。

▼早速以前同様、イヤホンジャックに接続しました。
mini1407763671

▼設定はこんな感じで。
mini1409402910

ボタンをクリックしたところ、見事動きました。

ダブルクリックとトリプルクリックは、10回に一回くらい成功します。
ですが、大半失敗しますね。。

トリプルクリックは、ダブルクリックと認識されて失敗する事がほとんど。。

 

まとめ

Android端末の方には、必要最低限のアプリしか入れていませんでしたので、「iKey」を使う場面としては、ホームボタン、メモリ解放、カメラ、フラッシュライトくらいでしかないかもしれないですね。。

個人的には、交換してもらった品でもダブルクリックとトリプルクリックがあまり良い反応をしませんでしたし、ホームとメモリ解放で使えれば十分かなという感想でした。

確かにAndroidでアプリをめちゃめちゃ使っている人にはおすすめのガジェットだとは思いますが、必要ないって言う人も多いと思うガジェットでもありました。

500円と安い値段で買えますし、試してみたい方はこちらで探してみて下さい。

▼あと、最後に「iKey」を設定するアプリのリンクも貼っておきます。
icon_google_play

 
今回はここまで。

 

最後に

最後まで読んで頂きありがとう御座います。

もし気に入っていただいて、以下のリンクボタンからRSS登録やSNSでフォローしていただけると、とても励みになります。
宜しくお願い致します。

・RSS on c/w XXX.net
follow us in feedly

・SNS on c/w XXX.net

・SNS on yellow_buckets

 
最新記事一覧はこちらから。
このブログについて。