iCatch_wordpress
1

【WordPressプラグイン】サイドバーのウィジェットを条件分岐で表示する

こんにちは、@yellow_bucketsです。
今回は、サイドバーに表示されているウィジェットをページ毎で表示・非表示を切り替えられるプラグインを見つけたので、紹介したいと思います。

 

404ページ

今回このプラグインを使うきっかけになったのは、404ページの作成なんですね。。

▼さっき僕は、404ページを作ろうとしてたらこんな記事を見かけました。

 
 【関連】サイドバーにadsense広告貼るだけで規約違反になることもあるらしい

 
コンテンツが無いページへアドセンスを掲載することになると、Googleから警告を受ける可能性があるらしいんです。。。

▼僕は、サイドバーにアドセンスを貼っています。
mini1404650296

404の為にサイドバーのアドセンスはウィジェットから削除したくないし、404でアドセンスは表示したくない。。

どうしたら条件分岐できるのか色々方法を探しました。

 

Widget Logic

今回見つけたのは、「Wiget logic」というプラグインです。

このプラグインは、WordPressのウィジェットに条件分岐を設定でき、ウィジェットの内容を条件分岐で表示・非表示にできるという優れものでした。

 

設定方法

プラグインをインストールしたら、

WordPress管理画面 > 外観 > カスタマイズ

で条件分岐したいウィジェットを指定できます。

▼条件分岐させたいウィジェットを選択すると、テキストが新しく追加されていました。この中に表示させたいページのタグを入力します。
mini1404650447

僕の場合は、404ページでのみ生じさせたくないので、404ページ以外で表示させたい「!is_404()」と入力しました。

▼ということで404ページでのみ広告は非表示にすることが出来ました!
mini1404656359

 
指定したページのみで表示させたい場合は、下記の条件分岐タグを使用します。
・トップページで表示する:is_home()
・投稿で表示する    :is_single()
・カテゴリで表示する  :is_category()
・固定ページで表示する :is_page()

ページIDの数字を指定することもできます。
・ページIDを指定する   :is_single(’17’)
・複数のページIDを指定する:is_single(array(17, 19, 1, 11))

 

まとめ

プラグイン一つでめっちゃ簡単にできました。
ですが、使用するプラグインが増えるばかりで、現在30個もプラグインを使っています。。
WordPressも分かってきて、恐らくいくつか減らせるはずなので時間のある時にちょっと考えてみようと思います。

 
今回はここまで。

 

最後に

最後まで読んで頂きありがとう御座います。

もし気に入っていただいて、以下のリンクボタンからRSS登録やSNSでフォローしていただけると、とても励みになります。
宜しくお願い致します。

・RSS on c/w XXX.net
follow us in feedly

・SNS on c/w XXX.net

・SNS on yellow_buckets

 
最新記事一覧はこちらから。
このブログについて。